2016年6月18日(土) 第14回 深谷ロック・フェスティバル

2016年6月18日(土) 第14回 深谷ロック・フェスティバル
場所:JR深谷駅ギャラリー1(1Fギャラリー)  048-574-6333 http://www.city.fukaya.saitama.jp/soshiki/toshiseibi/toshikeikaku/tanto/1391480220042.html#wrapper
開場14:30 開演15:00~
予約1900円 当日2300円(ドリンク持込OK)

ご予約は、お名前、人数を 蔦木俊二(つたきしゅんじ) 迄 メール totsuzendanball@nifty.com  TEL 070-6464-5937 ご連絡ください。

=出演=

☆3776
http://m3776.com/
富士山ご当地アイドル3776。 3776の読み方は、「みななろ」。3776は、富士山の標高。2013年6月22日、富士山世界遺産登録と同時にオリジナル曲『私の世界遺産』 で本格デビュー。活動拠点は富士山のふもと静岡県富士宮市。 季節ごとにその姿を変える富士山のように、グループの姿も変わり続ける3776。現在は「Season#3」。中学生、井出ちよののソロユニッ ト。
画像



☆シマシマエレクトリック
http://shimashimaelectric.com/
2012年3月結成。
平野なつき(bass)、金成葉子 (drums)からなる女性だけのツーピースバンド。カゴシマとフクシマの出身である ことから「シマシマ」。 作詞作曲編曲全て総合的なプロデュースを自分たちで行いながら、ベースとドラム二人だけという特殊な 編成の 中で、超絶ノーウェイブ且つスリリングな演奏を繰り広げる。 2012年6月初のPVとなるスタジオライブ映像”SPACE PUSHER”をYouTubeにて公開。 同年10月にはファーストミニアルバム「SPACE!!」を発売開始。福生での活動やカニ坂ロックフェスへの出 演、突然段ボール主催の深谷ロックフェス等の出演により、アングラロックの中でも異端な存在として頭角を現 してくる。 2014年7月23日にはエンジニアにピースミュージックの中村宗一郎を迎え、初の公式ファーストアルバム 『カガ クノコドモ』を全国的にリリース。
活動拠点は東京都内。rovoの勝井佑二(vln)とのコラボを行ったり、東京ビッグサイトで行わ れる「2014楽器 フェア」への出演。 2015年3月には初のカリフォルニア地区を中心としたアメリカツアーを成功させ、11月に は韓国で開催されたZandari Festaに出演。2016年3月にはパリ公演を行う等、日本国内だけではなく海外にも精力的にアプローチしている。
画像



☆佐藤幸雄とわたしたち
https://sukisukiswitch.wordpress.com/
自身のグループ「すきすきスウィッチ」「絶望の友」などを 率いた 佐藤幸雄(vo、g)が
2011年、二十年近くの沈黙ののち、最初に声を掛けたの が POP鈴木(ds)(ex絶望の友、さかな、前野健太etc)
21世紀の「すきすきスウィッチ」の活動を経て、14年夏 に 藤木弘史(pf)(exマッチ売りの少年、やぎ、平沢進 etc)
を 加えた 佐藤鈴木藤木バンドとして活動開始。
2016年より、佐藤幸雄とわたしたち、と名乗る。
画像


☆突然段 ボール
http://totsuzendanball.com/
1977年、世界的パンク、ニューウェーブムーブメントに触発され、蔦木兄弟 を中心に3ピース・バンド「突然段ボール」を結成。1980年「ホワイトマ ン」でメジャー・レコードデビュー。その後ベースが脱退し、蔦木兄弟のみで ロック・ミュージックに拘らず、即興演奏等にも力を入れ、海外の アーティス トと数々共演を経て、メンバーが加入し、再びロックに傾向する。インディーズ、メジャーを行き来し 、多数の作品を 発表し続けるが、2003年、兄栄一が病死する。その後、弟俊 二を中心にロッ ク・バンドとして現在に至る。蔦木俊二Vo,Gr、ユキユキロSyn Bs、中野善晴Ds
画像



※深谷ロック・フェスの過去の映像です。会場はこんな感じです。きれいな駅構内のギャラリーです。
ホワイトマン/突然段ボール https://www.youtube.com/watch?v=R8LlmEH4uDw

この記事へのコメント

蔦木俊二(五時夫)
2016年03月23日 11:40
まだ出順などは未定です。順番、難しいなぁ。
蔦木俊二(五時夫)
2016年03月24日 09:53
自分の企画は何度やっても緊張する。成功を祈る。
どうぞ、ご予約を!!
蔦木俊二
2016年03月25日 08:31
これで14回目。思い起こせば、いろいろ有った。この14回目は、新たに飛躍するきっかけになる事を期待する。
蔦木俊二(突然段ボール)
2016年03月27日 16:07
「3776」は、皆さん、ご存知の富士山のご当地アイドル。ネット上の何かの記事で、「突然段ボール」にも通じる音楽と書いてあったので、直ぐにチェックしました。Youtubeで聴いたら、かっこ良くて、ぶっ飛んだ!!中学生で可愛くて、ちょっと変な音楽(良い意味で。)をやっている。何ジャとて?3776ちゃん!!もうファンになりました。石田彰氏の名プロデューサーの力と「ちよの」さんのキャラがバッチリはまった。深谷に呼んだら、快くOKしてくれた。これから、もっと人気出るよ。深谷駅のギャラリーで、至近距離で見られる。僕らは最初に演奏して、ファンに徹するかな?GO GO 3776~!!
次は、シマシマエレクトリックに続きます。
ご予約はメール totsuzendanball@nifty.com 、TEL 070-6464-5937 お名前、人数をご明記の上、ご連絡お願いします。
蔦木俊二(突然段ボール)
2016年03月29日 10:57
「シマシマエレクトリック」は、第12回 深谷ロック・フェスティバル 2014年12月2日(土)にも出ていただいた。その時に観た(聴いた)印象は、とにかく、かっこ良かった。美人のお姉さんが、ベースとドラムだけで、多彩な音の宇宙を繰り広げる感じ。テクニックもあり、また、何ジャとてだった。昔、姫路に、同じベース&ドラムスの女性2人組の「怖」というバンドもあったが、何となく編成が同じなので思い出したが、あのバンドはデス系をかもし出してたな。でも、「シマシマエレクトリック」は演奏は凄く上手く、女性らしい世界観も凄い感じる。何か良い感じ。最近は世界的にも活躍してる。何となく分かる。世界が認める、それだけの何かがある。必見!!
美人のお姉さん2人だけど、ストーカー行為は絶対ダメよ。いろいろ頭のおかしい人が居るからね。僕だって、ずっと悩んでる。でも、「シマシマエレクトリック」を聴けば、いろんな、もやもやがぶっ飛んじゃって爽快になりますよ。
蔦木俊二(突然段ボール)
2016年03月30日 09:16
「佐藤幸雄とわたしたち」の佐藤さんは「好き好きスウィッチ」で、80年代初期に、「突然段ボール」と対バンしていて交流もありました。佐藤さんは、突段のライブを初めて観て泣いてくれた。何という良い人と思いました。僕らも感激しました。しかし時間の流れと共に疎遠になりましたが、去年の12月の名古屋K,Dハポンでの突段のライブで佐藤さんと再会しました。懐かしく嬉しかったものです。そして、3/19の吉祥寺マンダラ2にて、「佐藤幸雄とわたしたち」と「突然段ボール」の共演に至り、最近、交流が復活。深谷ロックに呼んだ次第です。佐藤さんの音楽は、親しみ安くポップで変(変は、またまた良い意味で)、今のメンバーも良い感じで佐藤さんの音楽を盛り上げてます。必聴です。今回の出演者は孤高の良いセンスを持っている。この深谷ロック・フェスティバルでしか出会えないと思います。宜しくです!!
五時夫
2016年04月01日 10:19
突段は今年結成39年目!!恐ろしい年月。蔦木栄一が死んでから13年経った。俺が一人になってから、悩み、うろたえ、落ち込み、そして立ち上がって、深谷ロック・フェスを勃発した。しかし、何をやってもイマイチ盛り上がらない。おそらく現在は何もシーンが無いからだろう。70年代後期や80年代初期には日本にもそれなりにパンクやニュー・ウェーブシーンがあった。それらの核になるものが、いろいろなスタイルと融合し、海に放射能汚染水が流れ出すが如く、薄められ汚染される。まるで統合失調症。その中で泳ぐ一つの純粋なる魂になりたいが、所詮、全ては金目。自分が狂っちまう・・・兄は良い時に死んだ。でもでも、まだ俺は死ぬ訳に行かない。突然段ボールを名乗る以上は死ねない。
蔦木俊二(突然段ボール)
2016年04月05日 09:01
前回の深谷ロックから、ほぼ一年ぶり、去年は、突段初代ベース(同級生)の告別式が前日にあった。あいつも深谷ロックに出演したことがあった。いろんな想いがあるが、あんまり大成功したことがない。もう、これ(第14回)で最後になる可能性がある。もう心身ヘトヘトだ。金にならない、金が無い。その連続。だから、今やれることの精一杯で企画した。絶対に面白いと思います。応援宜しくお願いします。まだまだ楽しいことをしたいです。
蔦木俊二(突然段ボール)
2016年04月08日 10:08
この深谷ロックフェスを失敗したら、どうしようと不安と期待で、気が狂いそう。まだ反応は少ない。う~ん、やばい。フライヤーも最初1000枚作って、いろいろ置いてもらったら直ぐ無くなった。また1000枚増刷。まだ届かないが、また配布しまくろう。フライヤーの効果ってあるのか分かりませんが、やるだけやるしかないです。思い出に残る楽しいライブになると思います。
蔦木俊二
2016年04月21日 11:33
突然段ボール、苦節結成39年目、13年前に兄が亡くなってから、地元で何かライブ出来たら良いなと感じて初めた深谷ロックフェス。もう大体十年前位から、やっと14回目。今回は、出演者も個性いろいろ。遂に富士山アイドルの中学生も出てくれる。最近海外でも活動も多くパワー・アップしてるシマシマエレクトリック、昔から突段とは交流深い佐藤幸雄氏のバンド。そして3人になった突段(何かジェネシスみたい。)。必見?んん?必聴?かな。是非、お出で下さい。
蔦木俊二
2016年04月29日 08:17
こんにちちは、まいど~。
まだ、予約はあんまり入っていません。う~ん、これで失敗したら、もうこの企画は終わりにしたい。仮にお客さんの入りが悪くても最後のイベントとして、凄く楽しいものにしたい。自分としては、最高の出演者だと思うのだけどね。毎日、Twitte,Facebookで宣伝してるから、返ってうざいのかな?でも、まだ一ヶ月以上あるから希望を持とう。やっぱ宣伝するしかない。僕はネガティブさの中のポジティブな人間。それがロックの基本だと思います。最悪の事態を思いながら希望を見出す力。それこそが大事。
このライブは飲み物持込自由(ゴミは所定の場所に捨ててね。)、飲まれる方は飲みながら楽しんでね。宜しくお願いします。
2016年05月07日 15:03
現在、あまり予約入ってないです。ボチボチ来てるかなぁという感じで歯痒い想いです。 まだ一ヶ月以上ある。頑張ろう。
2016年06月06日 12:46
あと、12日、う~ん、緊張する。タイム・テーブルです。
14:30 開場
15:00~15:45 突然段ボール
15:45~15:55 入れ替え
15:55~16:40 シマシマエレクトリック
16:40~16:50 入れ替え
16:50~17:35 佐藤幸雄とわたしたち
17:35~17:45 入れ替え
17:45~18:30 3776
※今回は、各出演者セッティングがそれぞれ違うので、入れ替え時間を設けさせていただきました。
2016年06月09日 09:05
もう一歩、予約来て欲しいな。あと9日、宣伝するしかない!!
2016年06月14日 08:52
いよいよ今週土曜日、もうちょい予約増えて欲しい。停滞中。宜しくお願いします。
2016年06月18日 08:17
遂に、本日!!待ってます。当時もOK!!

この記事へのトラックバック